座間市9遺体事件白石隆浩容疑者はパチプロだった?

スポンサーリンク

座間市9遺体事件とは

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件。短期間に連続で殺害を犯し、殺害後クーラーボックスに遺体の一部を保存するなど猟奇的な部分が注目されている。

白石容疑者の写真

捜査関係者によると、白石容疑者は田村さんの殺害を認め「部屋に入れて少し話をしてから襲った」と話しているという。9人全員の殺害を認め、遺体は浴室で解体したと説明。殺害や解体の方法は事前にスマートフォンで調べたといい、のこぎりなども準備していたという。警視庁は今後、殺人容疑でも調べる。
白石容疑者は、自殺願望をツイッターに投稿していた田村さんら被害者とやりとりし、自らも自殺願望者を装って自宅に招き入れていた。動機について「楽して生活したかった」と述べ、金銭目的だったと説明しているという。
引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/06/zama_a_23268715/

ツイッターでパチプロを名乗っていた?

複数のツイッターアカウントで被害者を誘っていた白石容疑者。特定されたアカウントの中では首吊り士や、パチプロ~などがある。
首つり士アカウントとのなまなましいやりとりを公開しているツイートも存在する。

パチプロ~のアカウントでは被害者女性にリプライを入れているとのこと。

事件後パチプロを名乗っていたことが発覚しそれがニュースになりパチンコ業界のイメージがさらに悪くなる。楽して生きたかったという供述内容からもその意識を加速させる。

嘆かわしい事だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする